失格の理由 - 埼玉陸上競技協会
   

         

メインメニュー

③ 失格の理由等は,略号等を使用して表記して下さい。その略号は,主催団体で決めてかまいません。
失格の理由を示す略号(例)
略号 内容  Rules 
FS 不正スタート  R162-6 
T1 他の競技者を妨害した  R163-2 
T2 他のレーンに入った  R163-3(a) 
T3 縁石のうえ,内側ライン上またはその内側を走った  R163-3(b) 
T4 ブレイクライン手前でレーンを離れ内側に入った  R163-5 
T5 競技者がトラックから勝手に離脱した  R163-6 
T6 ハードルを越えなかった  R168-7 
T7 足又は脚がハードルをはみ出してバーの高さより低い位置を通った  R168-7(a) 
T8 故意にハードルを倒した  R168-7(b) 
R1 テイク・オーバーゾーン内でバトンパスが完了しなかった  R170-7 
R2 加速ゾーンの外側からスタートした  R170-3 
W1 ロス・オブ・コンタクト で3名以上が赤カードをだした   R230-6(a) 
W2 ベント・ニー で3名以上が赤カードをだした   R230-6(a) 
W3 ロス・オブ・コンタクトとベント・ニーで3名以上が赤カードをだした   R230-6(a) 
W4 ロス・オブ・コンタクト で競歩主任が単独で失格にした  R230-3(a) 
W5 ベント・ニーで競歩主任が単独で失格にした  R230-3(a) 
2014_11改訂 (陸連 No.35
Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。