ニュース - 埼玉陸上競技協会
   

         

メインメニュー
  
投稿者 : admin 投稿日時: 2018-01-31 19:01:04 (740 ヒット)
上尾市 掲載日:2018年1月16日更新
 第36回上尾市民駅伝競走大会を2月11日(日曜日)に開催します。
 当日駅伝コースになる道路は、ランナーの通過する時間帯が交通規制になります。
 特に、交通規制図に示した部分の道路は大幅な交通規制が行われますので、車やバスなどでお出掛けの際は注意してください。
 また、市民の皆さんとランナーの安全のため、大会競技役員の指示・誘導に従い、コース内の駐車もご遠慮ください。
 当日はコース周辺が大変混雑してご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
スポーツ振興課
〒362-8501 上尾市本町3-1-1 本庁舎 7階
直通
Tel:048-781-8112
Fax:048-776-2250
お問い合わせはこちら

投稿者 : admin 投稿日時: 2018-01-22 21:14:03 (303 ヒット)
設楽悠太、東京マラソン目標は日本記録 瀬古リーダー「2時間4分台も狙える」


1/22(月) 12:25配信 デイリースポーツ


設楽悠太、東京マラソン目標は日本記録 瀬古リーダー「2時間4分台も狙える」
東京マラソンに出場する元世界記録保持者のキプサング(左)と設楽悠太
 ハーフマラソン日本記録保持者の設楽悠太(26)=ホンダ=が22日、東京マラソン(2月25日)の招待選手として出場することが発表され、都内で行われた会見に出席した。今年の目標タイムとして「2時間6分10秒」と、日本記録(2時間6分16秒)の更新を掲げた。

 マラソン初挑戦となった昨年大会は前半から攻めて2時間9分27秒をマークし、日本人3位の11位だった。設楽は「みなさんが1番楽しみにしているのは日本記録の更新だと思う。正直、自己ベスト(2時間9分3秒)から3分近く離れているので厳しいかもしれないが、このタイムを抜くという気持ちを忘れずに走りたい」と強い決意を示した。

 ゲストとして出席した日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(61)は「あまり記録、記録と言ってプレッシャーかけるとよくない」と話しつつ、「彼の100%の力を出せば、間違いなく(2時間)5分台は出る。僕は4分台も出ると思うんですよ。その力はある」と太鼓判を押した。司会者からは「瀬古さんが一番プレッシャーを掛けてるじゃないですか」とたしなめられ、照れ笑いを浮かべていた。


投稿者 : admin 投稿日時: 2018-01-08 10:14:09 (236 ヒット)
大会運営万全に、競技役員380人が会議 全国女子駅伝

1/7(日) 23:00配信 京都新聞

 全国女子駅伝を1週間後に控えた7日、大会を運営する競技役員の全体会議が京都市中京区の京都新聞文化ホールで開かれた。約380人が出席し、安全な競技運営のための打ち合わせを行った。
 伊東輝雄事務局次長はあいさつで、大雪の中での開催となった前回大会を振り返り「最悪のことを想定しておくと、いろんな行動が速やかにできる。皆さんの協力の下でやっていきたい」と呼びかけた。宮崎幹也審判長も「大会までの1週間、健康に留意して万全な体制で審判に臨んでほしい」と語った。京都陸協医事委員の劉和輝医師が競技上の安全対策について講演した。
 14日の大会当日は、役員のほか京都府警や高校生、ボーイスカウトを含めて約2200人が運営を担う。

投稿者 : admin 投稿日時: 2018-01-05 21:12:07 (374 ヒット)
【箱根駅伝】川内「山王」法大・青木は知人!出身高校で14年まで勤務、結果に「驚いた」

2018年1月4日7時0分 スポーツ報知

 ◆報知新聞社後援 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 公務員ランナー、川内優輝(30)=埼玉県庁=が3日、ニューイヤーズデイマラソン(1日、米マサチューセッツ州ボストン)を終えて帰国した。寒波の影響で気温は氷点下17度、8~10メートルの強風が吹く悪条件の中を2時間18分59秒で走り、自身76度目のサブ20(2時間20分切り)を達成。75度の米国人男性をかわし、“単独世界最多”となった。「この寒さの中で走れたことが大きい。まだ耳が少し痛い」と苦笑い。今後サブ20が100回に到達すれば、ギネス記録に申請する意向だ。

 年明け早々にもう一つ、うれしいことがあった。箱根駅伝5区区間新の青木涼真(2年)=法大=の母校、春日部高は川内が2014年3月まで勤務。青木とは1度、陸上部の練習でジョギングもした間柄だ。「山の神と言われていて驚いた。彼は僕と(出身)中学も隣。地元も喜んでいるはず」と笑顔だった。川内は18年国内初戦として、奥球磨ロードレース(14日、熊本)に臨む。

(1) 2 3 4 5 »