【箱根駅伝】川内「山王」法大・青木は知人!出身高校で14年まで勤務、結果に「驚いた」 - 埼玉陸上競技協会
   

         

メインメニュー
ロードレース情報
ロードレース情報 : 【箱根駅伝】川内「山王」法大・青木は知人!出身高校で14年まで勤務、結果に「驚いた」
投稿者 : admin 投稿日時: 2018-01-05 21:12:07 (222 ヒット)
【箱根駅伝】川内「山王」法大・青木は知人!出身高校で14年まで勤務、結果に「驚いた」

2018年1月4日7時0分 スポーツ報知

 ◆報知新聞社後援 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 公務員ランナー、川内優輝(30)=埼玉県庁=が3日、ニューイヤーズデイマラソン(1日、米マサチューセッツ州ボストン)を終えて帰国した。寒波の影響で気温は氷点下17度、8~10メートルの強風が吹く悪条件の中を2時間18分59秒で走り、自身76度目のサブ20(2時間20分切り)を達成。75度の米国人男性をかわし、“単独世界最多”となった。「この寒さの中で走れたことが大きい。まだ耳が少し痛い」と苦笑い。今後サブ20が100回に到達すれば、ギネス記録に申請する意向だ。

 年明け早々にもう一つ、うれしいことがあった。箱根駅伝5区区間新の青木涼真(2年)=法大=の母校、春日部高は川内が2014年3月まで勤務。青木とは1度、陸上部の練習でジョギングもした間柄だ。「山の神と言われていて驚いた。彼は僕と(出身)中学も隣。地元も喜んでいるはず」と笑顔だった。川内は18年国内初戦として、奥球磨ロードレース(14日、熊本)に臨む。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。