ニュース - 埼玉陸上競技協会
   

         

メインメニュー
  
投稿者 : admin 投稿日時: 2018-01-22 21:16:19 (29 ヒット)
「強くて速い桐生祥秀を目指す」4~5月に始動予定


[2018年1月22日14時49分] 日刊スポーツ


 陸上男子の桐生祥秀(22=東洋大)が22日、都内で行われた日本スポーツ賞表彰式に出席した。

 昨年9月に100メートルで日本人初となる9秒98の日本新記録を出したことなどが評価されて大賞を受賞。桐生は「たくさん世界で活躍している方がいる中、大賞でうれしい。強くて速い桐生祥秀を目指します」とあいさつ。100メートル以外にも、16年リオデジャネイロ五輪400メートルリレー銀メダル、17年世界選手権同銅メダルを獲得し、現在もイベントや表彰式に引っ張りだこで多忙な生活が続く。しかし、そこは浮かれることなく「次に賞を頂けるとしたら、リレーで金か100メートルでファイナリストに入らないと(表彰式などに)呼ばれないと思うので、次に向けて頑張りたい」と気を引き締めた。

 今季は例年よりも遅い4~5月に始動予定。昨季終了後から一度もスパイクを履かず、体づくりに集中している。4月には日本生命に所属して社会人となる。「社会人1年目で失敗したらずるずるいくと思うので、しっかり結果を残したい」と決意を新たにした。

 その他、特別賞はスキー高梨沙羅とスケート小平奈緒、奨励賞はバドミントン奥原希望が受賞。日本パラスポーツ賞大賞は車いすテニス上地結衣、同優秀賞は聴覚障がい競泳藤原慧と聴覚障がいバレーボール女子日本代表、新人賞は陸上前川楓が受賞した。

投稿者 : admin 投稿日時: 2018-01-22 21:14:03 (15 ヒット)
設楽悠太、東京マラソン目標は日本記録 瀬古リーダー「2時間4分台も狙える」


1/22(月) 12:25配信 デイリースポーツ


設楽悠太、東京マラソン目標は日本記録 瀬古リーダー「2時間4分台も狙える」
東京マラソンに出場する元世界記録保持者のキプサング(左)と設楽悠太
 ハーフマラソン日本記録保持者の設楽悠太(26)=ホンダ=が22日、東京マラソン(2月25日)の招待選手として出場することが発表され、都内で行われた会見に出席した。今年の目標タイムとして「2時間6分10秒」と、日本記録(2時間6分16秒)の更新を掲げた。

 マラソン初挑戦となった昨年大会は前半から攻めて2時間9分27秒をマークし、日本人3位の11位だった。設楽は「みなさんが1番楽しみにしているのは日本記録の更新だと思う。正直、自己ベスト(2時間9分3秒)から3分近く離れているので厳しいかもしれないが、このタイムを抜くという気持ちを忘れずに走りたい」と強い決意を示した。

 ゲストとして出席した日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(61)は「あまり記録、記録と言ってプレッシャーかけるとよくない」と話しつつ、「彼の100%の力を出せば、間違いなく(2時間)5分台は出る。僕は4分台も出ると思うんですよ。その力はある」と太鼓判を押した。司会者からは「瀬古さんが一番プレッシャーを掛けてるじゃないですか」とたしなめられ、照れ笑いを浮かべていた。


投稿者 : admin 投稿日時: 2018-01-18 18:43:55 (38 ヒット)
アメリカ大使館主催:オリンピックスタジアムを負の遺産としないために – 米国の経験に学ぶ –
開催期間:2018年2月2日(金) 18:30~20:00

2020年に開催される 東京オリンピック・パラリンピック後を見据え、日本が持続可能(サステイナブル)な形で飛躍するには、どうすればよいのか?
オリンピック用に建設された巨大施設や都市インフラを、ポジティブなレガシー(将来に向けた成長基盤)とするためには?

本講演では毎日新聞大阪本社記者で、スポーツビジネスやスポーツマネジメントの観点から執筆・研究する岡田 功氏より、
1984年のロサンゼルス五輪、1996年のアトランタ五輪を中心に2012年ロンドン五輪も含め紹介し、それぞれの“五輪レガシー”から学びます。


↑ フライヤーはこちらからダウンロードしてください。


講演後は、早稲田大学スポーツ科学学術院教授 原田宗彦氏と岡田氏の対談を予定しております。



◇講演者   岡田 功 氏(Mr. Isao Okada)

【毎日新聞社大阪本社 記者】

◇対談者   原田 宗彦 氏(Mr. Munehiko Harada)

【早稲田大学スポーツ科学学術院 教授】

◇モデレーター  中澤 薫 氏 (Ms. Kaoru Nakazawa) 

【公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター推進戦略部 プロジェクトリーダー 】



申し込み受付はこちらから:https://business.form-mailer.jp/fms/66f70e5280674 
(先着80名。定員に達し次第受付を終了いたします。)

投稿者 : admin 投稿日時: 2018-01-18 18:41:36 (144 ヒット)
第85回埼玉県駅伝競走大会

埼玉県駅伝(一般等の部)に参加する全選手を紹介します!
平成30年1月15日(月曜日)に、埼玉県駅伝の代表者会議があり各チームから最終の選手変更を受け付けました。

選手変更を受けて、第85回大会に出場する全選手が確定しましたのでお知らせいたします。

第85回埼玉県駅伝(一般等の部)選手名簿(PDF:551KB)

会議では前回大会優勝チームが大会実行委員会に優勝杯を返還しました。

また、各チームの代表者に駅伝大会に関する注意事項等の説明を行いました。

安全に細心の注意を払い、全選手が全力を出し切れる大会となるように実行委員会としても最善の努力をしていきます。

当日は熱戦が繰り広げられることが期待されます。是非沿道や熊谷スポーツ文化公園にて、温かい声援をお願いいたします。

(1) 2 3 4 ... 9 »