競技会で使用する略語・略号
記録用紙,電光掲示盤等への表記は,下記の略号等を用いて簡潔に表記してください。
また,略語(略号)を使用する場合は,使用する略号一覧と説明等をプログラムに記載して観客,競技者に意味が分かるようにしてください。
*スタートリスト・リザルトにも可能であれば必要な略号と説明を記載してください。
略号 日本語表記 読み/意味
WR 世界記録 World Records
= WR 世界タイ記録 Equal World
WIR 室内世界記録 World Indoor Records
= WI 室内世界タイ記録 Equal World Indoor Records
WJR ジュニア世界記録 World Junior Records
= WJ ジュニア世界タイ記録 Equal World Junior Records
WJI 室内ジュニア世界記録 World Junior Indoor Records
= JI 室内ジュニア世界タイ記録 Equal World Junior Indoor Records
NR 日本記録 National Records
= NR 日本タイ記録 Equal National
NIR 室内日本記録 National Indoor Records
= NI 室内日本タイ記録 Equal National Indoor Records
NJR ジュニア日本記録 National Junior Records
= NJ ジュニア日本タイ記録 Equal National Junior Records
NJI 室内ジュニア日本記録 National Junior Indoor Records
= IJ 室内ジュニア日本タイ記録 Equal National Junior Indoor Records
GR 大会記録 Game Records
= GR 大会タイ記録 Equal Game
NM 記録なし No Marks
DNS 欠場 Did Not Start
DNF 途中棄権 Did Not Finish
DQ 失格 Disqualied
Q 順位による通過者 Qualied      
q 記録による通過者 qualied      
R 救済および審判長等の決定による Relief or Referee Decided
成功(有効試技) Cleared
× 失敗(無効試技) Failed
パス Pass
試技放棄(離脱)「スラッシュ」  
2014_11改訂 (陸連 No.35)  
*備考
① 大会記録の表示は,大会の規模や性格により表現が異なるため,国内大会では従来のとおり大会記録( GR)を使用して下さい。
ただし,国体や国際大会など競技運営システムで対応可能なものについては,下記の略語(例)などで対応お願いします。
例)国体【 GR:Game Records】,日本選手権【 CR: Championship Records】,スーパー陸上【 MR:Meet Records】
② 「Q,q,R」について
 
1. 1) トラック競技の場合(例  3組 2着+ 2)
2. Q: 各組 2着以内の競技者 Quali?ed by place
3. q:  3着以下で,記録が上位の競技者 2名 qualified by time
4. R: 救済および審判長等の決定により次ラウンドに進出させた競技者
5. 2) フィールド競技の場合
6. Q: 予選通過標準記録突破者 Qualified by pre-set standard
7. q: 規則第 180条 15による決勝進出者 qualified as per rule 180‐15
8. R: 救済および審判長等の決定により次ラウンドに進出させた競技者
9.  予選通過標準記録を突破した競技者が 12名に満たない場合,決勝進出者を 12名とすることから,予選通過標準記録突破者に( Q)を,規則第 180条 15による決勝進出者に( q)をつける。
     
PAGE TOP